STAY REPORT

  • ホーム
  • REPORT
  • 【植毛3ヵ月経過】パーマ風ヘアセットで薄毛をカバー!【1700グラフト移植】
2024.2.20

【植毛3ヵ月経過】パーマ風ヘアセットで薄毛をカバー!【1700グラフト移植】

【第2弾】植毛モニター

植毛手術3ヶ月後の状態を想像できますか?今回自毛植毛手術を受けたモデルさんの様子を紹介しますが、経過は順調でした。

 

しかし、完成は手術から1年後のため、今の時点ではまだ十分な毛量ではありません。そのため、薄毛をカバーするヘアセットが必要です。

 

本記事では、植毛手術3ヶ月後のモデルさんの状態と、薄毛をカバーするヘアセットの様子を紹介します。

 

意外に間違えがちな増毛スプレーの使い方も紹介するので、薄毛で悩んでいる方はぜひ最後までご覧ください。

 

前回の植毛手術1ヶ月後の様子は「【自毛植毛1ヵ月】頭皮の赤みと初期脱毛!今が一番キツい時期!」で紹介しています。まだ見ていない方は、こちらもぜひご覧ください。

 

【自毛植毛1ヵ月】頭皮の赤みと初期脱毛!今が一番キツい時期!

 

【画像あり】植毛手術3ヶ月後の状態と薄毛をカバーするヘアセット術!

まず、今回のモデルさんが受けた自毛植毛手術の詳細は、以下のとおりです。

 

移植内容 1,700グラフト(FUE)
手術時間・回数 6時間30分・1回
費用(自由診療) 総額¥1,512,500(税込)※当時の価格(基本治療費、移植グラフト費等を含む)
リスク・副作用 腫れ、痛み、浮腫み、ドナー採取部分の違和感、頭皮のつっぱり感、皮膚の鈍い感覚
手術日 2021年2月3日

 

植毛3ヶ月後の状態

術後3ヶ月の状態は、このようになっています。

1ヶ月前と比べると、移植部分の髪が伸びてきていることがわかります。

 

モデルさんはリモートでの仕事が多いため、植毛を他の人に気付かれることはなかったようです

とはいえ、外出した時に風が吹くと前髪が割れて、まだ薄毛が気になる段階です。そのため、ヘアセットでカバーしていきたいと思います。

 

薄毛をカバーするヘアセット!

セット前はこのような状態です。

ここからカットしていきます。

カットが終わったら、地肌が透けないようにパウダーワックスと増毛スプレーを使ってセットしていきます

 

増毛スプレーは、手前ではなく奥につけるのがポイントです。

セット前後を比べると、このようになります。だいぶ印象が変わったのではないでしょうか。

冬場はまだ大丈夫ですが、夏場は汗をかいて前髪が割れやすくなります

 

そのため、夏場は前髪を上げるのがおすすめです。前髪を上げると汗の影響を受けづらくなり、髪形を1日キープできます。増毛スプレーを使うと、より薄毛が目立たなくなるでしょう。

 

これから時間が経って植毛部分の髪が伸びてこれば、増毛スプレーを使わなくても問題なくセットできるようになります。ぜひ経過を楽しみにしていてください。

 

次回、植毛6ヶ月後の様子は「【劇的変化】植毛6ヶ月の経過状態と心境の変化【30代薄毛】」で紹介します。こちらもぜひご覧ください。

 

【劇的変化】植毛6ヶ月の経過状態と心境の変化【30代薄毛】

 

まとめ

自毛植毛手術から3ヶ月経過し、徐々に移植部分の髪が生えてきました。しかし、まだ十分な長さではないため、ヘアセットで薄毛をカバーする必要があります。

 

本記事では薄毛をカバーするセット方法や増毛スプレーの使い方を紹介しましたので、ぜひあなたも実践してみてください。

 

薄毛専門 完全個室美容室「STAY」では、カットモデル・植毛モニターを募集しています。

 

薄毛の悩みを抱えている、植毛を考えているという方は、ぜひご検討ください。

 

カットモデル・植毛モニター募集についてはこちら

author :薄毛専門 完全個室美容室「STAY」

STAY HairCare Salon

STAY(ステイ)

千葉県柏市明原1-2-7 長谷川ビル2B

お問い合わせはこちら

お電話受付時間 10:00〜18:00

電話04-7161-3630

お問い合わせ

Web予約

Q&A

よくある質問

詳しくはこちら

薄毛のための情報サイト

あなたの髪の悩みや知りたい情報にプロの目線で詳しくお答えします。
改善方法、対策、薄毛が目立たなくなるデザインカットの情報を
発信しておりますのでご覧ください。

薄毛のための情報サイト

撮影モデル募集